先進的な硬さ試験機のリーディングカンパニー

Innpovatest Hardness Testing - Leading Innovaters in Advanced Hardness Testing Equipment

試験方法

Vickers durometro

Vickers

ビッカース硬さ試験は、材料の硬度を測定するブリネル試験の代案として、ビッカース社のスミスとサンドランドに よって1924年に開発されました。 ビッカース試験は、必要な計算が圧子のサイズとは無関係であり、圧子は硬度に かかわらずすべての材料に使用できるので、他の硬度試験よりも使いやすいことが利点です。

詳細
Rockwell

Rockwell

ロックウェル硬度試験は、スティールベアリングに対する熱処理の効果を迅速に決定するために、1919年頃にニューヨーク 州シラキュースの冶金学者Stanley P. Rockwellによって考案された。 スウェーデンで1900年に発明されたブリネル硬さ試験は、完全に硬化した鋼ではで有用ではなく、非破壊と見なすには大き すぎる印象を残しました。

詳細
Brinell hardness testers

Brinell

ブリネル硬度試験は今日一般に使用されている最も古い硬度試験方法です。 これは1900年にJohan August Brinell 博士によってスウェーデンで発明されました。この試験は、正確なロックウェルまたはビッカース試験のために粒状構 造があまりにも粗い鋳物および鍛造材の硬度を決定するためによく使用されます。

詳細
Knoop

Knoop

Knoopの圧子は、Vickersと異なり非幾何学的な圧こんとなります。特に200 gf未満の試験力では、Knoop硬度に大きなばらつきがあります。 Knoop硬度は通常、バルク硬度の定義には使用されませんが、ASTMのような標準が他の試験スケールに変換する500gfでは使用されます。また、Knoop試験は特定の状況では必要とされるかもしれないが、

詳細

*すべてのロゴおよびブランドは、それぞれの所有者の所有物であり、本ウェブサイトでの使用は、INNOVATESTの顧客識別目的のみに限られます。

硬さ試験機

イノバテストの手動または自動硬さ試験機は、幅広いサンプルおよび用途に適用することができます。最先端の革新的なメカニック、ソフトウェア、およびハードウェアテクノロジーは、品質保証、試験所、またはロボットインラインソリューションのための高度な試験を提供します。イノバテストは、ビッカースロックウェルブリネルヌープの試験方法を対象に、JIS規格をはじめ、国際規格ISO、米国ASTM規格に準拠した硬さ試験機を提供しています。弊社の硬度試験機は、ISO 17025試験室での使用が認められています。当社のユニバーサル硬度計は、広範囲の試験荷重と測定手順をカバーしており、すべてのスケールを1台でカバーする試験機を持つというユーザーの快適さを提供します。

インプレッションズ硬さ試験ソフトウェアとワークフロー制御は、ほぼ無限の機能を提供します。最新の最先端AI (人工知能)技術を利用した硬さ試験の圧痕スキャンの先進的なアルゴリズムになります。硬さ試験における硬度テストブロックおよびインデンタなど、トレーサブル認証を有する硬さ試験装置用アクセサリーも提供します。すべての試験機には変換テーブルが内蔵されており、あるスケールから別のスケールへの変換は非常に簡単です

イノバテストの硬さ試験に関するエキスパートと弊社の世界中の代理店は、全てのお問い合わせを歓迎します。お客様が特別なご要望をお持ちの場合、弊社のエンジニアは、可能な限り最高の規格または目的に合ったソリューションを効率的に探します。

オランダの生産本部を中心に、日本、ドイツ、アメリカ、中国の販売・サービス拠点と世界各国の代理店が、優れたサービスと無敵の保証体制を提供しています。完全に自動化された硬さ試験機とロボットによる硬さ試験、またはワークショップで使用するための簡単な試験ソリューションをご用意しています。イノバテストでは、世界中の硬さ試験の専門家と情報を共有しています。

イノバテスト硬さ試験機のメリット

  • JIS、ISO、ASTM規格による硬さ試験
  • 最新技術による硬度試験機および試験機
  • 世界的な販売・サービスネットワーク
  • 全世界のショールーム
  • 現在市販されている硬さ試験機の最高の保証
  • 100種類以上のモデルが常にニーズに対応