Leading innovators in advanced hardness testing

Innpovatest Hardness Testing - Leading Innovaters in Advanced Hardness Testing Equipment

INNOVATESTのCONTROL - 印象

2019年5月7日~10日までドイツのシュトゥットガルトで開催されたCONTROL国際品質見本市に121平方メートルの規模で参加しました。

新着 Hardness Conversion Posters

一般的な質問 : 硬度スケール間の変換。ビッカースの価値とブリネルの価値は?最小レイヤー厚、凸状、凹状の調整、ISOおよびASTM規格とは?それは、INNOVATESTの新しいコンバージョンポスターにすべて掲載されています。

新製品カタログ

新しい製品カタログを発表しました。INNOVATESTシリーズのベンチ型およびフロア型硬度計に追加された最新の製品の概要。

試験方法

Vickers

ビッカース硬さ試験は、材料の硬度を測定するブリネル試験の代案として、ビッカース社のスミスとサンドランドに よって1924年に開発されました。 ビッカース試験は、必要な計算が圧子のサイズとは無関係であり、圧子は硬度に かかわらずすべての材料に使用できるので、他の硬度試験よりも使いやすいことが利点です。

詳細

Rockwell

ロックウェル硬度試験は、スティールベアリングに対する熱処理の効果を迅速に決定するために、1919年頃にニューヨーク 州シラキュースの冶金学者Stanley P. Rockwellによって考案された。 スウェーデンで1900年に発明されたブリネル硬さ試験は、完全に硬化した鋼ではで有用ではなく、非破壊と見なすには大き すぎる印象を残しました。

詳細
Brinell hardness testers

Brinell

ブリネル硬度試験は今日一般に使用されている最も古い硬度試験方法です。 これは1900年にJohan August Brinell 博士によってスウェーデンで発明されました。この試験は、正確なロックウェルまたはビッカース試験のために粒状構 造があまりにも粗い鋳物および鍛造材の硬度を決定するためによく使用されます。

詳細

Knoop

Knoopの圧子は、Vickersと異なり非幾何学的な圧こんとなります。特に200 gf未満の試験力では、Knoop硬度に大きなばらつきがあります。 Knoop硬度は通常、バルク硬度の定義には使用されませんが、ASTMのような標準が他の試験スケールに変換する500gfでは使用されます。また、Knoop試験は特定の状況では必要とされるかもしれないが、

詳細

*すべてのロゴおよびブランドは、それぞれの所有者の所有物であり、本ウェブサイトでの使用は、INNOVATESTの顧客識別目的のみに限られます。